東京美術 - 出版
ホーム 出版 書籍詳細
 

書籍詳細

もっと知りたい狩野永徳と京狩野
もっと知りたい狩野永徳と京狩野
生涯と作品
成澤勝嗣 著
定価
本体1,800円+税
刊行
2012年03月
ISBN
978-4-8087-0886-3 C0071
判型
B5判
ページ数
96ページ
  • ご注文はこちら
  • amazonで購入
  • 内 容
  • 目 次

□信長・秀吉という天下人に重用され、安土城・聚楽第・大坂城などの障壁画を制作し、豪壮華麗な様式を確立しながらも、ほとんどの作品が失われた、天才永徳の48年の生涯を追う。
□探幽(永徳の孫)が江戸に移り「江戸狩野」を率いたのに対し、永徳の門人として京に留まり、その遺風を継いだ山楽を祖とする「京狩野」は、大画様式に優れた才能を見せたが、個性派ぞろいでもあった。幾何学的な装飾絵画を生んだ山雪、柔らかな大和絵と同時に奇矯な作品を残した永敬ほか、注目の狩野派絵師たちに迫る。
□京狩野が永徳の様式を踏襲し、江戸狩野と異質の展開をした背景にある両者の確執にも言及。

はじめに 永徳から京狩野へ
序章 永徳前史
 狩野派初代正信とその子元信
 天才永徳の父・松栄

第1部 狩野永徳
 1章 天才少年の旅立ち-細画の時代
 2章 荒ぶる豪腕-大画の時代
 3章 奇怪様式への傾斜
 特集1 二つの洛中洛外図?風
 特集2 唐獅子図の系譜
 特集3 狩野永徳と長谷川等伯

第2部 永徳の後継者たち
 狩野光信
 狩野孝信
 狩野長信
 狩野内膳
 狩野甚之丞
 特集4 無落款の作品をめぐって

第3部 狩野山楽と京狩野
 狩野山楽
 狩野山雪
 狩野永納
 狩野永敬
 狩野永岳
 特集5 高田敬甫と曾我蕭白

おわりに 京狩野その後

 
トップへ
Copyright(C) 2007 TOKYO BIJUTSU Co.,Ltd. all rights reserved.