2022年5月1日

  • Facebook
  • Twitter

『鳥獣戯画研究の最前線』(東京美術ピルグリム叢書) 刊行

みなに愛される人気作でありながら、制作者も主題もわからない謎多き絵巻、国宝「鳥獣人物戯画」。日本美術史の未来を担う第一線の若手研究者たちが、平成の大修理後の新知見を踏まえ、徹底解明に挑む!