モリス商会

装飾における革命

マイケル・パリー 著/藤田 治彦 監訳

価格
2,200円(税込)
刊行
2013年07月
ISBN
9784808709730
Cコード
0072
判型
225×225ミリ
ページ数
64
  • Facebook
  • Twitter

内容

□1861年にウィリアム・モリスが仲間と設立したモリス・マーシャル・フォークナー商会を前身とする「モリス商会」150年の軌跡を、折々の壁紙やファブリックと貴重な資料写真でたどる。作品を贅沢にあしらい写真集としても見応え十分。
□モリスが活動した35年に焦点を当てた前半は、彼らのこだわりと挑戦が室内装飾にもたらした変革の美しい成果が示される。対する後半は、モリスの死後崩壊寸前となった商会がどのように息を吹き返し、世界に愛される「ブランド」であり続けるのかについて。伝統や遺産は、すぐれた技術革新と経営戦略という「攻め」の態勢でこそ守られるものだと実感させられる一冊。

オンライン書店で購入する

著者プロフィール

藤田 治彦 監訳