新刊

6件中1 - 6件を表示

表示件数切替:10件30件50件
絞り込み設定:発売日順50音順

もっと知りたいデ・キリコ

長尾天 著

価格
2,420円(税込)
刊行
2024年05月

1919年までの「形而上絵画」、画風を一変させる「技術への回帰」、そして以降も続くデ・キリコの表現と人生を追いながら、ショーペンハウアーやニーチェの哲学、早逝した父へのオイディプス・コンプレックス的な葛藤という観点から、...

1919年までの「形而上絵画」、画風を一変させる「技術への回帰」、そして以降も続くデ・キリコの表現と人生を追いながら、ショーペンハウアーやニーチェの哲学、早逝した父へのオイディプス・コンプレックス的な葛藤という観点から、...

入江明日香作品集 雷鳴と花

入江明日香 著

価格
3,080円(税込)
刊行
2024年04月

ダークな世界観が繰り広げられる作品集第二弾。金銀箔が空を覆う《Tokyo》《Paris》や墨痕が雄々しいモノクローム作品など新たな表現の可能性に挑戦した約100点を掲載。不穏な空気を突き破り再び光を見いだすまでの物語。

ダークな世界観が繰り広げられる作品集第二弾。金銀箔が空を覆う《Tokyo》《Paris》や墨痕が雄々しいモノクローム作品など新たな表現の可能性に挑戦した約100点を掲載。不穏な空気を突き破り再び光を見いだすまでの物語。

板倉鼎・須美子 パリに生きたふたりの画家

田中典子 監修/千葉市美術館 編集

価格
3,630円(税込)
刊行
2024年04月

1920年代、パリで研鑽を積みモダンな作風により将来を嘱望された板倉鼎(かなえ)。素朴な画風で独自の世界を描き、藤田嗣治らに高く評価された妻・須美子。共に二十代で世を去った逸材を250点もの作品と共に詳細に紹介。千葉市美...

1920年代、パリで研鑽を積みモダンな作風により将来を嘱望された板倉鼎(かなえ)。素朴な画風で独自の世界を描き、藤田嗣治らに高く評価された妻・須美子。共に二十代で世を去った逸材を250点もの作品と共に詳細に紹介。千葉市美...

もっと知りたい喜多川歌麿

田辺昌子 著

価格
2,200円(税込)
刊行
2024年04月

遊女から市井の娘まで、歌麿が美人を描けば天下一品。絵師としてスターダムにのぼり詰め、出版界に寛政の改革の矛先が向けられるなかで、蔦屋重三郎をはじめとした版元と策をめぐらし、生み出された名品の数々。湧き上がる創作の源泉とは...

遊女から市井の娘まで、歌麿が美人を描けば天下一品。絵師としてスターダムにのぼり詰め、出版界に寛政の改革の矛先が向けられるなかで、蔦屋重三郎をはじめとした版元と策をめぐらし、生み出された名品の数々。湧き上がる創作の源泉とは...

クロード・モネ 旅のための作品集

岩﨑余帆子 著

価格
3,520円(税込)
刊行
2024年03月

クロード・モネ(1840〜1926)が描いた風景画をエリアごとに章構成。印象派の巨匠が創作の題材としたフランスを中心とするヨーロッパの自然や情景を、想像の中で旅をしているかのごとく楽しめる作品集。

クロード・モネ(1840〜1926)が描いた風景画をエリアごとに章構成。印象派の巨匠が創作の題材としたフランスを中心とするヨーロッパの自然や情景を、想像の中で旅をしているかのごとく楽しめる作品集。

ほとけの国の美術

府中市美術館 編著

価格
3,080円(税込)
刊行
2024年03月

江戸時代の画家たちの制作の根底にあった「仏教」を切り口に、江戸の絵画を中心に近世以前の仏教美術の優品まで、「ほとけの国」で生まれた、美しく、アイディアに溢れた作品約120点を、多角的、かつユニークな視点から紹介。府中市美...

江戸時代の画家たちの制作の根底にあった「仏教」を切り口に、江戸の絵画を中心に近世以前の仏教美術の優品まで、「ほとけの国」で生まれた、美しく、アイディアに溢れた作品約120点を、多角的、かつユニークな視点から紹介。府中市美...

  1. 1

6件中1 - 6件を表示

表示件数切替:10件30件50件
絞り込み設定:発売日順50音順