神坂雪佳 琳派を継ぐもの

細見美術館 監修/福井 麻純 著

定価
本体2,600円+税
刊行
2015年09月
ISBN
9784808710200
Cコード
0070
判型
B5
ページ数
128
  • Facebook
  • Twitter

内容

「近代琳派」と称された神坂雪佳。琳派の特徴のひとつである「暮らしを彩る美」に強く共感、図案家として活躍したほか、絵画も手がけるなど、工芸と絵画の分野を柔軟に行き来したマルチアーティストです。伝統からモダンまで、デザインからアートまで、雪佳の豊かな表現力は、実生活と芸術の境界をはるかに越え、世界的評価を受けている日本の美意識、「クールジャパン」にもつながっているといえるでしょう。

目次

はじめに
1 美しい図案集
コラム 芦手絵の美
    雪佳と芸艸堂
2 工芸家たちとの共演
コラム 雪佳の弟・祐吉
    雪佳の図案と工芸作家たち
3 豊かな表現力
コラム 四季草花の魅力
    古典を描く
    能への関心
    光悦への憧れ

神坂雪佳の生涯
神坂雪佳略年譜

オンライン書店で購入する

著者プロフィール

細見美術館 監修