かわいい禅画

白隠と仙厓

矢島 新 著

定価
本体1,800円+税
刊行
2016年04月
ISBN
9784808710620
Cコード
0071
判型
A5
ページ数
120
  • Facebook
  • Twitter

内容

室町時代の禅宗絵画を庶民に親しみやすい「禅画」に発展させた江戸時代の禅僧、白隠と仙厓。二人が描いた“かわいい”禅画を紹介!かわいいユニークな絵を味わいながら、彼らが伝えたかった禅の心を読み解きます。

目次

序章 そもそも宗教美術に“かわいい”ってアリ!?
1章 禅画はかわいい?
2章 かわいい白隠(生涯と画業で知る―白隠ってどんな人?;白隠の人物表現;白隠の生きもの)
3章 かわいい仙厓(生涯と画業で知る―)仙厓ってどんな人?
仙厓の人物表現
仙厓の生きもの
仙厓の聖像

オンライン書店で購入する

著者プロフィール

矢島 新 著