鈴木春信 江戸の面影を愛おしむ

田辺 昌子 著

定価
本体2,500円+税
刊行
2017年03月
ISBN
9784808710804
Cコード
0071
判型
B5
ページ数
144
  • Facebook
  • Twitter

内容

鈴木春信は錦絵の創始期に活躍し、その後の浮世絵界に多大な影響を及ぼした浮世絵師です。若い男女の初々しい恋模様や日常の穏やかな光景に、古の歌や物語の典雅な世界を重ね、江戸の粋と詩情が響き合う味わい深い作品をのこしました。
本書は5つのテーマのもと、国内外から選りすぐった多数の作品図版を収載し、春信の魅力を心ゆくまで堪能できる作品集。さらにコラムでは時代や技法などにも言及し、より深く理解できます。
シンプルで純粋な線の美しさ、透明感のある優しい色調、紙の風合いなども含め、当時の江戸の面影をのこす独特の世界観を、可能なかぎり再現しています。

目次

恋の章 詩情あふれる夢の世界
創の章 粋人たちのあそび
慈の章 江戸の日常をみつめる
雅の章 隠された趣向をさぐる
美の章 江戸のアイドルお仙とお藤

オンライン書店で購入する

著者プロフィール