もっと知りたいクリムト 改訂版

千足  伸行 著

定価
本体1,800円+税
刊行
2019年02月
ISBN
9784808711344
Cコード
0071
判型
B5
ページ数
104
  • Facebook
  • Twitter

内容

■世紀末のウィーンは多くの特筆すべき芸術家を生んだが、画家ではなんといってもクリムトが筆頭にあげられる。デカダンで官能性に満ちた女性像がすぐに思い浮かぶが、印象派風の神秘的で美しい、いわゆる情調の風景画も多く残した。また、ストクレ邸のモザイクに代表される工芸的な装飾美においても他の追随を許さない。
■本書は彼の生涯を追うことにより、さまざまな顔をもつクリムトの芸術を余すところなく紹介した格好の入門書である。

目次

第1章 生い立ちからデビューまで
寓話
ブルク劇場装飾画より 《タオルミーナの劇場》
美術史美術館の装飾

ソーニア・クニップスの肖像
パラス・アテナ
裸の真実

第2章 黄金様式の時代
ユーディット1
金魚
ベートーベン・フリーズ
エミーリエ・フレーゲの肖像
希望1
女の生の三段階
マルガレーテ・ストンボロ=ヴィトゲンシュタインの肖像
フリッツァ・リートラーの肖像
ひまわり
水蛇1
生命の樹
ダナエ
接吻

第3章 晩年の時代
乙女たち
アダムとイヴ

著者プロフィール

オンライン書店で購入する