近刊

もっと知りたい佐伯祐三

熊田 司 

価格
2,200円(税込)
刊行
2021年12月
ISBN
9784808711979
Cコード
0071
判型
B5
ページ数
80
  • Facebook
  • Twitter

内容

30歳でパリに客死し「悲劇の画家」のレッテルを貼られがちな佐伯祐三。本書ではその優れた作品を厳選して紹介し、最先端の美術潮流にもまれながら、新しい表現を見出すために苦闘した佐伯の、時代を超えた芸術的価値を考察する。

オンライン書店で購入する

著者プロフィール

熊田 司 

1949年、神戸市に生まれる。1977年、関西学院大学大学院文学研究科博士課程(美学専攻)修了。財団法人香雪美術館、財団法人西宮市大谷記念美術館を経て、1988年ふくやま美術館学芸課長。1990年大阪市立近代美術館建設準備室に転じ、2001年から2009年3月まで同研究主幹。この間「生誕100年記念佐伯祐三展」(大阪市立美術館ほか、1998年)、「没後80年記念佐伯祐三展」(大阪市立美術館ほか、2008-09年)、吉原治良の回顧展などを企画開催。2012年から2017年まで和歌山県立近代美術館館長を務めた。専門は近代美術史。