クリムト作品集

千足 伸行 著

定価
本体3,000円+税
刊行
2013年10月
ISBN
9784808709761
Cコード
0071
判型
ページ数
192
  • Facebook
  • Twitter

内容

世紀末ウィーンが生んだ孤高の画家クリムト。その作品をエロスとタナトスの神話的・寓意的世界、瀟洒な装飾で飾られた肖像画の世界、望遠レンズでとらえた風景画の世界の3つに分けて紹介する。主要作品解説も掲載。

目次

Prologue 世紀末ウィーンが生んだ孤高の画家
      クリムトの生涯を追って

Part 1 エロスとタナトスの神話的・寓意的世界
      ファム・ファタルの美女たち
      [コラム]クリムトの女性関係
      [コラム]クリムトとアルマ・マーラーの秘めた恋
      [コラム]ウィーン大学講堂天井画の悲劇
      [コラム]壁画「ベートーベン・フリーズ」
      [コラム]夢の宮殿ストクレ邸

Part 2 瀟洒な装飾で飾られた肖像画の世界
      ウィーンのセレブ・ギャラリー
      [コラム]クリムトと“解放された女”エミーリエ・フレーゲ
      [コラム]クリムトのパトロン

Part 3 望遠レンズでとらえた風景画の世界
      密室的でアンチームな空間
      [コラム]クリムトのデッサン
      [コラム]クリムトの旅と400通の葉書

オンライン書店で購入する

著者プロフィール