ミュシャスラヴ作品集

千足 伸行 著

定価
本体3,000円+税
刊行
2015年03月
ISBN
9784808710125
Cコード
0071
判型
A4
ページ数
176
  • Facebook
  • Twitter

内容

ミュシャが本当に描きたかった歴史大作「スラヴ叙事詩」全20作は、時代背景や登場人物がわからないと理解できない。 本書はその内容を読み解くと共に、スラヴ民族をテーマとした他の作品を収録。

目次

プロローグ モラヴィアのミュシャ

ヨーロッパにおける汎スラヴ主義

Part 1 《スラヴ叙事詩》全20作品

《スラヴ叙事詩》の成立と背景
《スラヴ叙事詩》の主題
1 故郷のスラヴ人
2 ルヤナ島のスヴァントヴィト祭
3 大ボヘミアにおけるスラヴ的典礼の導入
4 ブルガリア皇帝シメオン
5 ボヘミア王プシェミスル・オタカル2世
6 セルビア皇帝ドゥシャンの東ローマ帝国皇帝即位
7 クロムェジーシュのヤン・ミリーチ
8 グリュンワルトの戦闘の後
9 ベトレーム礼拝堂で説教するヤン・フス
10 クジーシュキでの集会
11 ヴィートコフの戦闘の後
12 ヴォドナャニのペトル・ヘルチッキー
13 フス教徒の国王ポジェブラディのイジー
14 クロアチアの司令官ズリンスキーによるシゲットの防衛
15 イヴァンチッチェでの聖書の印刷
16 ヤン・アモス・コメンスキー
17 聖山アトス
18 スラヴの菩提樹の下で誓いを立てる若者たち
19 ロシアの農奴解放の日
20 スラヴの歴史の神格化

Part 2 スラヴ作品集 祖国モラヴィア(チェコ)での創作

ミュシャの民族意識
1 油彩
2 プラハ市民会館の壁画、天井画
3 聖ヴィート大聖堂のステンドグラス
4 ポスター、素描など

著者プロフィール

オンライン書店で購入する