藤田嗣治作品集

清水 敏男 著

定価
本体3,200円+税
刊行
2018年08月
ISBN
9784808711191
Cコード
0071
判型
A4
ページ数
192
  • Facebook
  • Twitter

内容

20世紀初め、パリで乳白色の画家として名声を博し、以降パリと日本を拠点に多彩な創作活動を続け、晩年はフランスに帰化しレオナール・フジタとして80余年の生涯を終えた国際的画家、藤田嗣治の代表作を網羅した大判画集。

目次

Prologue モンパルナス界隈 1913‐1917
1 ラ・ボエシー街の画家 1917‐1919
2 パリでの活躍 1920‐1930
3 新しい可能性を求めて―旅の時代 1931‐1940
4 戦争と敗戦 1941‐1948
5 ニューヨーク、そしてパリ 1949‐1950
6 帰ってきたモンパルノ 1951‐1959
´Epilogue シャペル・フジタへの道 1959‐1968

著者プロフィール

オンライン書店で購入する