新刊

もっと知りたい薬師寺の歴史

薬師寺 監修/藤岡 穰 , 安永拓世 , 金子隆之 著

定価
本体2,000円+税
刊行
2020年03月
ISBN
9784808711795
Cコード
0021
判型
B5
ページ数
80
  • Facebook
  • Twitter

内容

7世紀末の創建以来1300年の伝統をもつ奈良の古刹、薬師寺。その歴史的変遷と伽藍・尊像・宝物などの見どころを年代順に紹介する。今春竣工がなる国宝・東塔の10年余に及ぶ解体修理の調査結果など興味深い情報も満載。

著者プロフィール

薬師寺 監修

藤岡 穰 著

大阪市立美術館学芸員をへて、現在、大阪大学文学研究科教授。専門は金銅仏を中心とした東アジアの彫刻史、仏教美術史。2019年より仏教芸術学会の会長を務める。

安永拓世 著

1978年広島生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程中退。2003年に和歌山県立博物館学芸員として勤務後、2015年より東京文化財研究所研究員。おもな研究分野は、与謝蕪村・呉春・長沢蘆雪など、江戸中期から後期の絵画。

金子隆之 著

奈良県文化財保存事務所勤務。2016年より、薬師寺出張所主任。

オンライン書店で購入する