万年筆画の教科書

スケッチから作品まで

古山 浩一 

価格
2,200円(税込)
刊行
2021年08月
ISBN
9784808712259
Cコード
2071
判型
B5
ページ数
96
  • Facebook
  • Twitter

内容

万年筆という一風変わったツールで手軽に始められる「万年筆画」の実用技法書。まったくの初心者でも、写真を見ながら迫真の風景スケッチを完成させるまでの方法論を習得することができる。無類の万年筆マニアでもある万年筆画の第一人者が、ひとりでも始められるよう丁寧に解説する。

オンライン書店で購入する

著者プロフィール

古山 浩一 

1955年東京都生まれ。画家。90年代から万年筆画を描き始め、発表を続けている第一人者。86年と90年に上野の森美術館大賞展佳作賞、91年日仏現代美術展大賞、94年同展エコール・ナショナル・シュペリオール・デ・ボザール賞第1席、2003年リキテックス・ビエンナーレ奨励賞ほか受賞多数。12・13年古山浩一万年筆画展(丸善日本橋店、東京)ほか個展多数カ開催。主な著書に『万年筆の達人』『万年筆クロニクル』『たのしい万年筆画入門』(以上、枻出版社)、『ありありまあまあ』『ねこぶたニョッキのおつかい』『天才ピカソのひみつ』(以上、福音館書店)、『絵画の教科書 アクリル画編』『ボッティチェリとリッピ』『ミケランジェロとヴァザーリ』(以上、芸術新聞社)、『万年筆談義』(フェルマー出版)がある。万年筆のコレクションはおよそ700本。現在、絵画教室や万年筆画講座を上野の森美術館アートスクール(東京)、名古屋、牛久(茨城)で開催している。