すぐわかる日本の美術 改訂版

絵画・仏像・やきもの&暮らしと美術

田中 日佐夫 監修・著/小林 純子 , 藤井 由紀子 , 仁木 正格 , 田中 修二 著

定価
本体2,000円+税
刊行
2009年03月
ISBN
9784808708641
Cコード
0070
判型
A5
ページ数
160
  • Facebook
  • Twitter

内容

■日本の美術を分野別に整理し、歴史と特徴を整理した入門書。2頁で一つの時代(項目)を解説、そのうちほぼ半分は写真と図解にあてているので、見て楽しみながら知識が身につく。
■「暮らしと美術」の章では、生活の中で美術品がどのように使われていたのかを、再現イラストを用いて解説する。美術作品を用途に応じて作られた実用品としてとらえ、それを使った人びとに思いを馳せることで、日本の美術の本質をより深く理解できる。
■本書は1999年版の増補新装版として、1章から4章まで全章をカラーとし、巻末により詳細な用語解説・年表などを付して利便性を高めた。

目次

第1章  絵画
1  装飾古墳壁画─日本絵画のあけぼの
2  古代の仏教絵画─絵画の発展は仏画から
3  唐朝様式─唐文化へのあこがれ
4  密教絵画─神秘的な密教の仏画
5  浄土教絵画─日本化した優美な仏画
6  物語絵と絵巻物─宮廷人が発達させた絵巻物
7  肖像画─人間の個性への興味
8  詩画軸と水墨画─モノクロームの美意識
9  大和絵と土佐派─四季や自然を愛でる絵画
10  障壁画─戦国武将の権力の象徴
11  狩野派─徳川政権の御用絵師
12  琳派─デザイナーの先がけ
13  文人画と写生画─百花繚乱の絵画
14  浮世絵─江戸の大衆のエネルギー
15  日本画と洋画─西洋化と自己表現への模索
●コラム1─美術作品の模写いろいろ

第2章  仏像
1  請来仏─崇高なる美
2  止利様式の仏像─神秘のほほえみ
3  初唐様式の仏像─若々しい風貌
4  写実表現の変化─進んだ人体表現
5  脱活乾漆像─洗練された美
6  盧舎那仏─蓮華蔵世界の教主
7  唐招提寺の仏像─中唐様式の流入
8  木彫仏─神と仏の融合
9  東寺の密教彫刻─曼荼羅の世界
10  定朝様─浄土空間の現出
11  地方仏の展開─木と石に宿る神仏
12  運慶様─武士社会の精神
13  快慶様─阿弥陀如来像の手本
14  聖徳太子像─庶民の仏教
15  多彩な仏像─都市と地方の造像
●コラム2─日本美術と海外美術の影響

第3章  やきもの
1  縄文土器─やきもののはじまり
2  弥生土器─農耕民の土器
3  須恵器─窯で焼いたやきもの
4  三彩陶器─釉薬のはじまり
5  緑釉陶器と灰釉陶器─青磁へのあこがれ
6  山茶碗─究極の庶民の器
7  六古窯─日本窯業の原点
8  茶の湯とやきもの─茶陶の流行
9  侍び茶の造形─画期的な桃山茶陶
10  西日本諸窯の陶業─朝鮮陶工の活躍
11  磁器の誕生─世界への飛躍
12  京焼─雅陶の黄金期
13  輸出陶磁器─ジャポニスムブーム
14  民芸運動─工芸美の再発見
15  伝統と創造─個性の時代
●コラム3─美術史と地域美術

第4章  暮らしと美術
1  古墳副葬品の美
2  古代寺院の荘厳
3  正倉院の宝物
4  密教の曼荼羅世界
5  平安貴族の王朝美
6  武家社会と庶民文化
7  書院造と床の間
8  庭園の歴史と見方
9  佗び茶の実学
10  戦国武将の装い
11  江戸のデザイン
12  祇園祭にみる町衆の美術
13  西洋スタイルのはじまり
絵画・仏像・やきもの用語解説
絵画の見方
仏像の見方
やきものの見方
日本美術史略年表
参観できる寺社・美術館・博物館・その他のリスト
項目索引
美術家・関係者索引

オンライン書店で購入する

著者プロフィール

田中 日佐夫 監修・著