もっと知りたい慶派の仏たち

根立 研介 著

定価
本体2,000円+税
刊行
2018年10月
ISBN
9784808711245
Cコード
0071
判型
B5
ページ数
96
  • Facebook
  • Twitter

内容

運慶・快慶に代表される鎌倉時代の仏師の一大流派「慶派」の仏像を、勃興から黄金期を中心にその末裔の動向まで、仏像彫刻史の第一人者が最新の知見をまじえて平易に解説。慶派一門の層の厚さに驚く名品揃い。

目次

まえがきにかえて  日本彫刻史における慶派の位置づけ
序章 慶派前史―康尚・定朝から奈良仏師まで
第一章 慶派誕生―康慶とその一門
第二章 運慶登場―彫刻表現の新時代を築く
 特集 運慶はなぜ写実的な顔立ちの仏像を造ったのか
第三章 快慶の活動―信仰と結びついた理想形の追求
第四章 運慶・快慶の後継者たち―湛慶ら一門の変遷
 特集 大報恩寺と慶派彫刻
 特集 慶派仏師の末裔七条仏師たちの動向
終章 慶派の革新性― 慶派仏師の評価をめぐって

著者プロフィール

オンライン書店で購入する