近刊

旅する印象派  パリから世界へ

冨田章 著

価格
2,860円(税込)
刊行
2024年07月
ISBN
9784808712976
Cコード
0071
判型
B5
ページ数
144

内容

19世紀パリに生まれた印象派は、新しい芸術潮流の息吹に敏感な諸外国の芸術家たちにより世界中に広まった。西ヨーロッパ、北米、北欧、東欧、ロシアそして日本で印象派に触発された画家を多数紹介し、その魅力を再発見する。

オンライン書店で購入する

著者プロフィール

冨田章 著

1958年生まれ。慶應義塾大学文学部卒。成城大学大学院文学研究科修了。財団法人そごう美術館、サントリーミュージアム[天保山]を経て、現在、東京ステーションギャラリー館長。これまで「ロートレック展 パリ、美しい時代を生きて」「巨匠ピカソ 魂のポートレート」「エミール・クラウスとベルギーの印象派」「シャガール 三次元の世界」「メスキータ」などの展覧会に関わる。主要論文に「1887年の〈二十人会〉におけるジョルジュ・スーラ ベルギー新印象派に関する考察」(1991年)「スーラの自画像」(2011年)など。著書に『DVD美術館2 ゴッホ NHK巨匠たちの肖像』(小学館クリエイティブ、2010年)、『偽装された自画像 画家はこうして嘘をつく』(祥伝社、2014年)、『代表作でわかる 印象派BOX』(講談社、2018年)、共著に『クリムト作品集』(東京美術、2013年)、『魅惑のベルギー美術』(神戸新聞社出版局、2013年)、『ミュシャのすべて』(角川新書、2016年)、『初老耽美派 よろめき美術鑑賞術』(毎日新聞出版、2019年)などがある。