検索結果:三戸 信惠

三戸 信惠 (ミトノブエ)

山種美術館特別研究員。東京大学大学院博士課程満期退学。サントリー美術館に勤務し、「鳥獣戯画がやってきた」展、「清方ノスタルジア―名品でたどる鏑木清方の美の世界」展などを企画・担当。2010年より現職に就き、日本画を中心とした展覧会の企画に携わる。専門は日本絵画史。著書に『かわいい琳派』(東京美術、2014)、『色から読み解く日本画』(エクスナレッジ、2018年など)。

2件中1 - 2件を表示

表示件数切替:10件30件50件
絞り込み設定:発売日順50音順

もっと知りたい鳥獣戯画

土屋 貴裕 , 三戸 信惠 

定価
本体2,000円+税
刊行
2020年08月

いつ、誰が、何のために描いたのか。国宝「鳥獣戯画」は万人に愛される作品でありながら、作者もテーマもよくわからないミステリアスな絵巻です。四つの巻をすべて紹介しながらその謎につつまれた成り立ちに迫り、日本人なら知っておきた...

いつ、誰が、何のために描いたのか。国宝「鳥獣戯画」は万人に愛される作品でありながら、作者もテーマもよくわからないミステリアスな絵巻です。四つの巻をすべて紹介しながらその謎につつまれた成り立ちに迫り、日本人なら知っておきた...

かわいい琳派

三戸 信惠 著

定価
本体1,600円+税
刊行
2014年05月

人気の高い琳派の名品から、「かわいい」作品のみをセレクトしました。日本美術ってこんなに楽しい、と目からウロコの1冊です。子どもや若い世代など、日本美術になじみが薄い層にとっても親しみやすい一冊です。

人気の高い琳派の名品から、「かわいい」作品のみをセレクトしました。日本美術ってこんなに楽しい、と目からウロコの1冊です。子どもや若い世代など、日本美術になじみが薄い層にとっても親しみやすい一冊です。

  1. 1

2件中1 - 2件を表示

表示件数切替:10件30件50件
絞り込み設定:発売日順50音順