検索結果:土屋 貴裕

土屋 貴裕 (ツチヤタカヒロ)

1979年千葉県生まれ。東京国立博物館主任研究員。千葉大学大学院単位取得満期退学。東京文化財研究所を経て現職。「鳥獣戯画 京都高山寺の至宝」(2015年)、「春日大社 千年の至宝」(2017年)、「仁和寺と御室派のみほとけ」(2018年)等の特別展を担当。編著・論文に「高山寺伝来文化財の研究」(『東京国立博物館紀要』51号、2016年)、『歌仙絵』展図録(東京国立博物館、2016年)、『室町時代のやまと絵』展図録(同、2017年)、「十二天画像の変遷」(『国宝 東寺』展図録、2019年)、「三十六歌仙絵の成立と「時代不同歌合絵」」(『大和文華』135号、2019年)、高山寺監修・土屋貴裕編『高山寺の美術』(吉川弘文館、2020年)など。

1件中1 - 1件を表示

表示件数切替:10件30件50件
絞り込み設定:発売日順50音順

もっと知りたい鳥獣戯画

土屋 貴裕 , 三戸 信惠 監修・著/板倉 聖哲 著

定価
本体2,000円+税
刊行
2020年08月

追いかけっこをする兎と猿、相撲をとる蛙……日本人なら誰もが一度は目にしたことがあり、老若男女から愛されてきた、国宝「鳥獣戯画」。ところがその人気と知名度にもかかわらず、いつ・どこで・誰によって・何のために描かれたかよくわ...

追いかけっこをする兎と猿、相撲をとる蛙……日本人なら誰もが一度は目にしたことがあり、老若男女から愛されてきた、国宝「鳥獣戯画」。ところがその人気と知名度にもかかわらず、いつ・どこで・誰によって・何のために描かれたかよくわ...

  1. 1

1件中1 - 1件を表示

表示件数切替:10件30件50件
絞り込み設定:発売日順50音順